giftee Corporate Blog

株式会社ギフティのコーポレートブログ

僕がもらった send a small thank you

※ タイトルにある「send a small thank you」とは「小さな感謝の気持ちと一緒に、メールやLINEなどで 気軽にギフトを送ろう」という、gifteeサービスのコンセプトのことです。
興味のある方はこちらをご覧ください

自己紹介

渡邉拓未といいます。大学の専攻は法律ですが、あることがきっかけでプログラミングを学んでいたらハマりました。
エンジニアを仕事としてやるのはどうなんだろうと思い、大学3年次を休学し2017年8月1日から2018年1月31日までgifteeでエンジニアインターンをしていました。

インターンの目的

  1. 働くことに対してイメージが湧かず、今後就活等が控えている身としては不安だったので、知っておこうと思いました。
  2. 趣味程度のプログラミングを職業とすることに対しても不安があったため、業務として経験することで、その職業感を理解したかった。

gifteeとの出会い

友人がgifteeで誕生日プレゼントをもらっていたのを見て、「最高のサービスだなー」と感じました。
魅力的なプロダクトで気になりすぎて、wantedlyで調べたところ記事を発見し、応募してみました。メンターのお兄さんといろいろと面談していく中でアプリだけでなく、いろんな事業をしていることを知り、ますます興味が湧きました。
その中で、特に僕に響いたことは

 

  • チームができたばかりなので、インターンとか分け隔てなく裁量権があるということ
  • 社内の雰囲気が自分にあっていたこと

gifteeは月末にパーティーを開いてケータリングをつつきながら、社内外の人と交流したりする会があります。gifteeに興味がある方は、ぜひ参加することをお勧めします。
https://www.wantedly.com/companies/giftee/post_articles/19235

どんなことをしたのか

チームに所属し、3つのプロジェクトに関わりました。

プロジェクト1

まず、エンジニア業務をする上での作法を学ぶため、管理画面の実装を行いました。
※この部分は、Railsの基礎的な知識で十分だと思います。

しかし、今までと異なるのはチームで開発し、自分の書いたコードをメンターの方にレビューしていただくという点です。そのためメソッドや変数の命名に対してより注意深くなりました。例えば、自分のコーディングが冗長ではないかを意識して確認するようになったと思います。また開発以外では、チームミーティング時の進捗確認やリリース日の緊張感と、たくさんのシーンを経験できるのはとても価値があると感じました。

プロジェクト2

ここからは、主体的に動くようになりました。自分で工数・見積もりを出したり、ビジネスサイドから仕様書をいただいたり、エンジニアの視点から、設計を考慮した実装に落とし込むことで、お互いに壁打ちしながら進めてられました。しかし、私は提言が少なく淡々と作業をしていたため、仕様の詰めが甘くなり、無駄な実装をしてしまうことが多々ありました。
そういったこともあり、エンジニアにもコミュニケーション能力が必要不可欠ということを実感しました。また、バグが発生したときは、どれだけ社外に影響するのか、また、それは修正可能なのか等の見積もりを出すことが大切だと学ばせていただきました。

プロジェクト3

ここでは、仕様、管理画面のモック作成、実装などを一通り行いました。
このタスクが始まる前、エンジニアの方から「新卒のような気持ちで望んでほしい」と言われ、それなりに覚悟したことを覚えております。実際、予想通り実装を行うまでがとても大変でした。

作業の流れとしては、まず工数・見積もりをだすことから始まります。しかし、モックを書くことをやったことがなかったので、大変苦労しました。モック作成を始めた際には、プロジェクト自体が複数のチームにまたがっていたこともあり、なにをどうすればいいのまったくわかりませんでした。そのため、これまでの知見を活かしたり、ヒアリングを行ったりして、なんとか画面を作っていきました。特に検索機能の実装は常に検索者の立場で考えていました。具体的には、どんな情報がほしいのかを考えたり、複雑な要件をどうシンプルに表現させたり等、試行錯誤を繰り返して進めました。
実装に取り掛かったと思えば、仕様がどんどん変化したり、複雑な要件でテストコードが全く通らなかったり、つらい状況に歯を食いしばりながらやっていました。
そんなこともありましたが、最終的には見積もりより早く作業を終わらせることができました。そのため、残った時間でプロダクトのAPI実装もしました。

自分がどう成長したか

 サービスは作って終わりではなく、運用・保守を考慮した設計やコーディングが必要だと痛感しました。また、プロジェクトを始める時には、そのタスクの工数・見積もりを出し全体に共有することも大切だと実感しました。
さらに、他のエンジニアの方々とコミュニケーションを取る際は、要件を簡潔にしておき、緊急度に応じて口頭で聞くのか、slackで聞くのかを意識するようになりました。

自分が今後やっていきたいこと

サービスを運用・保守していくために下記4点のさらなるスキルを向上を目指していきたいです。

また、インフラ周辺は個人のプロダクトでは限界があるので、企業規模で実務を経験してみたいと思っています。それと、せっかくプログラミングを学んでいるので普段使っているAPIなどを使って、日常の生活を豊かにできたらいいです(笑)

インターン終えて

インターンは貴重な経験の宝庫だと思います。

  • エンジニアであれば現場のエンジニアさんからコードレビューをいただける
  • ビジネス職であれば実際に社員さんと共に営業に同行できること
  • マーケティングであれば、データ分析をすること
    が出来ます。

人によっては、大学で学んでいることなどを実務で活かすことも可能です。
また社員の方々と色んなお話ができることも、考え方や価値観を見つめ直すには良い機会になり、刺激にもなります。
ぶっちゃけ、インターンを活かすも殺すも自分次第です。
今後も学んだことを糧に自分の理想のキャリアを描いていけたらいいなと思ってます。

2018年度全社会が行われました!

あけましておめでとうございます!

みなさま、年末年始はゆっくりお過ごしになれましたでしょうか?

仕事はじめの1月4日は、ギフティ恒例の日枝神社へ初詣に行ってきました!

ギフティってこんなに人いたの?と思った方!

そうなんです!昨年より社員が19名も増えました\(^o^)/そして、この写真には今年1月に入社した2人も参加しております☆

 

そして!1月11日、ギフティ初の試みとして「全社会」が行われました!

普段のオフィスとは雰囲気を変えて、しゃれおつなイベントスペースにて行いました!スタバさんのポットサービスも利用させていただきました〜

社長や各チームのマネージャーが会社やチームの今期の目標を発表し、

「会社は、こんなことを目標にしているんだ〜」

「このチームは、こんなことをしていくんだ〜」

など、社員のみんなも新たな気付きがあり、とても有意義なものとなりました(*´ω`*)

ギフティは、2018年も、気軽にギフトを贈りあう習慣や⽂化を創出することを⽬指し、より多くの⽅に利⽤されるギフトサービス の提供とその充実を図っていきたいと思います!

本年もどうぞ宜しくお願い致します!!

みんな大好きチョコクロが仲間入り!

こんにちは、ギフティ採用担当の入間です。

この度、サンマルクカフェで利用できるeGiftが仲間入りしました☆彡

eGiftの種類は、820円の「お土産チョコクロチケット」、 183円の「チョコクロチケット」、 500円の「カフェチケット」の全3種類となります!

サンマルクカフェは、利用させていただく機会も多く、個人的にも大好きなチョコクロが仲間入りしてくれてとっても嬉しいです・ω・

みなさんもぜひ、サンマルクカフェで利用できるeGiftを贈ってみてください^^

 

ギフティは、今後も、 全国で利用可能なギフトの品揃えを強化し、 「giftee」のサービスの充実を図っていきたいと思います!

ギフティへ少しでも興味を持って頂けましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい!

www.wantedly.com

モンストで銀だこが貰える!!

こんにちは、ギフティ採用担当の入間です。

現在、大人気スマホアプリ「モンスト」で、銀だこ1舟がもらえるキャンペーンにチャレンジすることができるのをご存知ですか?^^

この度ギフティは、「モンスト年末年始キャンペーン’17-’18」キャンペーンの一環として12月14日(木)~ 2018年1月17日(水)の間実施予定の「99%あたる!銀だこGET!キャンペーン」の抽選ギフトとして、法人向けソリューション「giftee for Business」を提供させていただきました!

なお、こちらのソリューションを提供させていただくのは、今年8月に実施した『モンスト 2017 夏のキャンペーン「ナツの極み。」』に続き2度目となります!

今回は、「銀だこオラゴン」を運極にすると、99%の確率で、「たこ焼(ソース8個入り)1舟のギフト券」、残り1%の確率で、「獣神玉詰め合わせセット」が当たる抽選にチャレンジできます(・∀・)

さらに!コラボ店舗が期間限定でオープンしており、コラボ店舗ではモンストデザイン限定パッケージのたこ焼と引換ができるんです!!

エストチャレンジ期間が、12/28(木)までとなっておりますので、期間中に「銀だこオラゴン」を集めて、是非是非抽選へチャレンジしてみてくださいね☆彡

 

www.monster-strike.com

ギフティでは、こうした大型キャンペーンのシステム提供を通じて、世の中にデジタルチケットをもっともっと普及させるべく、日々活動しております!

ギフティへ少しでも興味を持って頂けましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい^^

www.wantedly.com

ギフティでクリスマスプレゼントを贈ってみませんか?☆彡

メリークリスマス!ギフティ採用担当の入間です。

12月25日、今日はクリスマスですね☆彡

ギフティオフィスは、クリスマス仕様で営業しております!

みなさんは、どんなクリスマスをお過ごしでしょうか?^^

クリスマスだけど、家族や先輩・後輩にプレゼント買う時間なかった。。もっとカジュアルなプレゼントないかな。。

メリークリスマス!ってLINEしたいけど、メッセージだけじゃ味気ないしな。。

こんなことをお考えのみなさん!

この機会に日頃のありがとうの気持ちを込めてギフティでクリスマスプレゼントを贈ってみませんか??・ω・

ソーシャルギフトのgiftee(ギフティ) | ソーシャルギフトサービス

f:id:irimami:20171225153236p:plain

f:id:irimami:20171225153318p:plain

このようなサービスに少しでも興味を持って頂けましたら、お気軽にご連絡ください!

www.wantedly.com

三菱地所主催の「Corporate Accelerator Program」特別賞受賞!

こんにちは、ギフティの入間です。

三菱地所主催の「Corporate Accelerator Program」で特別賞を受賞しました!その様子を写真でご紹介します。

 

f:id:kitahana:20171204182849j:plain

f:id:kitahana:20171204182943j:plain

f:id:kitahana:20171204182734j:plain

 

丸の内のランチ事情をもっとよくする仕組みをご提案しました。社員食堂は作れないけれど、この仕組みを利用すれば、街が社員食堂に早変わりします!

gifteeはアイディア次第で、可能性は無限大ですね。

 

▼詳しい内容は下記をご覧ください

http://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec171116accelerator.pdf

 

www.wantedly.com


 

東京の島をデジタルの力で活性化させる!!

こんにちは、ギフティの入間です。
先日、10月2日(月)より東京都の島々(伊豆諸島と小笠原諸島)で使用可能な地域通貨「しまぽ通貨」のサービス提供を開始しました!
 
「しまぽ通貨」は、伊豆諸島や小笠原諸島といった東京都の島々をPRすることにより、観光客の誘致や消費喚起等、これらの地域の活性化を図ることを目的に、東京都が実施する事業の一環として発行された通貨です。
ギフティは、従来から実施されていた紙のスタンプラリーである「しまぽ(東京島めぐりPASSPORT)」を電子化し、「電子しまぽ」としてスタートさせていただきました。 「電子しまぽ」に登録すると、伊豆諸島や小笠原諸島の11島で使える「しまぽ通貨」をスマホで購入することができます!
この「しまぽ通貨」は、島でのお食事やお買い物、宿泊施設でもご利用いただけて、スマホ上で決済をすることができるので、とってもお得で便利な地域通貨となっております!
この機会にぜひ、伊豆諸島や小笠原諸島へ足を運んでみてはいかがでしょうか?^^
Article content
 
ギフティは2016年に、電子地域通貨システム「Welcome ! STAMP(ウェルカム スタンプ)」の1号案件として、長崎県の離島で使用可能な「しまとく通貨」へのサービス提供を開始させていただきましたが、今回の「しまぽ通貨」は、「Welcome ! STAMP」の2号案件となります!
「Welcome ! STAMP(ウェルカム スタンプ)」は、従来、紙もしくはカードで発行されていた各種地域通貨(プレミアム商品券等)を、電子化して流通させるといった地域通貨のソリューションであり、下記のような特徴があります!
地域通貨を電子化し流通コストの削減が可能に 地域通貨を電子化し流通させることでカードの発行費用や印刷代、配送代、精算業務等の事務コストの削減が可能です。
② 電子スタンプの利用で利用加盟店の負荷も軽減 スマートフォン等の電子端末の画面に表示された電子地域通貨に電子スタンプを押すだけで精算が完了。会計時のデータが自動収集されます。
スマートフォン等の電子端末を用いて地域通貨を管理・利用 利用者はスマートフォン等の電子端末に地域通貨をデータ保存し管理・利用が可能です。紛失や置き忘れが防げます。
ギフティは、「ギフトで『人と人』、『人と企業』、『人とまち』をつないでいく。」というコーポレートミッションを掲げて事業を行っております。今後も、「Welcome ! STAMP(ウェルカム スタンプ)」を様々な地域へご提供させていただくことで、『人とまち』をつないでいきたいと考えております。
 
私達と一緒にこのような新しいサービスを創っていきたいと少しでも興味を持っていただけましたら、お気軽にご連絡ください!